海の女性ネットワークの本棚:『数学の楽園』

この本は数学を軸とした、多彩な読み物が収載されています。 特におすすめは「貝殻の数理」。巻貝にみられる棘やフリルのような形態がどのようにしてできるのかを数理モデルで解明したという内容です。自然界にある複雑で美しいものが同じ数式で描けるとは。 …
続きを読む

【募集】第6回 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)応募開始

JSTが2019年度に、女性研究者の活躍推進の一環として、持続的な社会と未来に貢献する優れた研究等を行っている女性研究者及びその活躍を推進している機関を表彰する「輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)」を創設し、今年度も6回目の公募が開始され …
続きを読む

「変わりゆく北極」(一般向け小冊子)発行のお知らせ

一般向けの小冊子『変わりゆく北極』を北極域研究加速プロジェクト(ArCSII)が発行しました。北極をめぐるさまざまな変化をまとめた読みものです。わかり易い図も満載です。第1章 北極で今起きていること、第2章 人・暮らし・社会の変化からなりま …
続きを読む

「さかなの日」コラム:「つ」の魚

正体の分からないもの、に出会うことってありますよね。深みに潜む、あるいは視界を一瞬だけ横切った奇妙な形の何か。 “幻想動物の写真” を集めた「秘密の動物誌(筑摩書房)」というユニークな本がありますが、捕獲も撮影も観察もできず、ず …
続きを読む

【1月27日(土)オンライン開催】掘削船上の生活をのぞいてみよう!

開催報告はこちら 〜大西洋上の科学掘削船から生中継〜 国際深海科学掘削計画(IODP)第401次研究航海 「地中海と大西洋を繋ぐゲートウェイでの海水交換の歴史」海の女性ネットワークでは、世界23カ国で実施している科学プロジェクト「国際深海科 …
続きを読む

活動報告「第1回職場見学会」

2023年11月15日の午後、水産資源研究所の杉崎宏哉さんにご案内いただき、神奈川県横浜市金沢区にある(国研)中央水産研究・教育機構横浜庁舎(水産資源研究所)を計4名で見学してまいりました。海洋放射能や貝毒などの調査研究に大切な役割を果たし …
続きを読む

実物大こんぶのぬいぐるみ

私の職場には、変わったぬいぐるみがあるんです。 かなり長い、実物大こんぶのぬいぐるみです。ちゃーんと、根っこもついています。 以前海藻の研究者の方より、これで”ぬめり”がついてたら、本物そっくりと太鼓判を押してもらいました。 写真からだと、 …
続きを読む

「第3回羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)」の公募開始

国際的に活躍が期待される若手女性研究者を表彰する「羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)」を国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) は駐日ポーランド共和国大使館との共催で2021年に創設し、第3回の公募を開始しま …
続きを読む